□五十音別図鑑へ      
■科別小画像一覧へ

                アイバシロハツ ■ベニタケ科 ベニタケ属
                          Russula chloroides Kalchbr.
                                

 肉眼的形態(2013.10.16記述)

 発生地;針葉樹下地上。(広葉樹林地上 酸性土壌林地)

   傘   ;8p弱(5-11cm) 中央窪む饅頭形(中央窪む饅頭形→漏斗形。縁部長く内巻き) 粘性無し。
         初め白色で成熟するにつれ,黄土色のシミを発生し,全体が黄土褐色化する。

   柄  柄は太短く下方に向かい細い。頂部が淡青緑色で成熟すると退色。 

 ヒ   ダ ;垂生状離生でやや密。ひだが明らかに淡青色である。 

   肉   ;白色で脆い。

  胞子紋  (白色)

       類似種にシロハツモドキとシロハツがある。
       シロハツモドキのひだは極めて密で,画像のように,ひだの隙間が見えるようにならない。
       シロハツはひだや柄が淡青色を現すことがあるが,ひだ全体が淡青色に見えることは無い。
       ただ,アイバシロハツは成熟するにしたがい,退色するので,肉眼での見分けが困難になるかも。

  
                           ■2013年10月12日  撮影地  つくば植物園
  
                           ■2013年10月12日  撮影地  つくば植物園

  
                               ■2012年10月13日  撮影地  茨城県
  
                       ■2012年10月13日  撮影地  茨城県
  
                       ■2012年10月13日  撮影地  茨城県
  
                       ■2012年10月13日  撮影地  茨城県


               ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system