□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                      アメリカウラベニイロガワリ
                        ■イグチ科 ヤマドリタケ属

 肉眼的形態(2013.12.29記述。2015.02.05修正及び追記。)

 発生地;広葉樹,針葉樹林下。(ブナ科樹林下。ブナ,ミズナラ,コナラ,クリ,シイ,カシ林など広葉樹林内地上に群生。)

   傘  ;8-13p前後(4-13.5cm) 饅頭形→扁平→浅皿状。(半球形→饅頭形→浅皿状) 湿時弱粘性。
         ビロード状(微毛密生しビロード状→無毛平滑) 帯赤褐色−赤褐色(色彩幅広く褐色,帯赤褐色,黄褐色,暗褐色など)
         傷つくと青変(強くこすると暗青色変)

    柄  6cmx15mm前後(5-14cmx10-20mm) ほぼ上下同径(円柱形−逆こん棒形。上方に向かいやや細まる−上下同径。) 中実。
         基部に白色−黄色菌糸あり(基部に褐色粗毛菌糸まとう。基部は黄色の菌糸におおわれる。)
         表面は黄色。紅褐色細粒点密布(暗赤色−帯褐赤色の細点密布)(ときに不明瞭な網目をなす) 
         触れると青変→褐色しみ化(傷つくと暗青色変→黒ずむ) 頂部に網目あり(ときに頂部に細かい網目模様を表す)
            

  管  孔 黄色→オリーブ黄色(黄色→帯緑黄色)孔口は血赤色−帯褐赤色(血紅−帯褐赤色)周辺淡い(傘縁では淡色)
         円孔。(2-3個/mm) 上生−離生。 傷口青変→褐色しみ化。 

   肉  ;笠部は帯黄白色(黄色)表皮下は表面色。柄部は帯黄色(点々とワイン赤部あり)
         傷口は青変→淡灰色化(空気に触れるとすぐに濃青色変) 基部から赤みを増す子実体あり。

  胞子紋 ;(オリーブ色)
      
     針葉樹林下に発生するものは,「成熟すると柄の基部の肉が赤くなる」とのご意見をいただいた。広葉樹林下のものはならないようだ。
     良く似た種にオオウラベニイロガワリとウラベニイロガワリがあるとのこと。
     「原色日本新菌類図鑑」のヤマドリタケ属検索表によると
     ウラベニイロガワリの柄はほぼ全面にやや隆起した網目(赤色でやや荒い)をもつ。柄の基部は赤紫色。
     オオウラベニイロガワリの柄は下方で明らかに太まる。基部に錆び褐色−オリーブ褐色の毛被を持つ。
     アメリカウラベニイロガワリの柄は上下同径。基部の毛被は帯黄色,濃紅色またはやや帯オリーブ色。
     と記述されている。


  
                         ■2014年08月29日   撮影地  宇津峰山
  
                         ■2014年08月29日   撮影地  宇津峰山
  
                         ■2014年08月29日   撮影地  宇津峰山
  
                         ■2014年08月29日   撮影地  宇津峰山
  
                         ■2014年08月29日   撮影地  宇津峰山
  
                         ■2014年08月29日   撮影地  宇津峰山
  
                         ■2014年08月29日   撮影地  宇津峰山

 
                         ■2013年 9月12日   撮影地  羽鳥湖

  
                           ■2013年 7月26日  撮影地  牡丹園
  
                           ■2013年 7月26日  撮影地  牡丹園
  
                           ■2013年 7月26日  撮影地  牡丹園
  
                           ■2013年 7月26日  撮影地  牡丹園
  
                           ■2013年 7月26日  撮影地  牡丹園
  
                           ■2013年 7月26日  撮影地  牡丹園

  
                           ■2012年08月27日  撮影地  男沼
  
                           ■2012年08月27日  撮影地  男沼
  
                           ■2012年08月27日  撮影地  男沼
  
                           ■2012年08月27日  撮影地  男沼


                ■科別小画像一覧へ             □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system