□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                               アラゲキクラゲ
                           ■キクラゲ科 キクラゲ属

 肉眼的形態(2011.10.19記述。2015.03.15追記。)

  発生地; 広葉樹倒木上(広葉樹枯れ木,枯れ枝上に単生−群生,子実体同士が癒着し不規則な塊となることあり)

  子実体 ;
径2-8p(径6cm,高さ2cmあるいはそれ以上)円盤状−杯状−耳状など(倒円錐状−円盤状−耳状) 背面の一部で基物に付着(背面の中心あるいは
       一部で基物に付く) 
外縁部は波打つ(しばしば大きく波打つ) 背面(非子実層面)は灰黄色−灰褐色(図鑑同記述) 直立粗毛密生(直立の毛が密)

  子実層;(基物と反対側の表面に形成) 平滑−しわ条(平滑しばしば波状面) 褐色−紫褐色(褐色−黒褐色−紫褐色)

    肉 ;硬いゼラチン質(硬いゼラチン質−軟骨状ゼラチン質) 乾くと革質−軟骨質(収縮し堅くなるがキクラゲほどいちじるしく変化しない)

  
                          ■2014年12月03日  撮影地 白河市
  
                          ■2014年12月03日  撮影地 白河市
  
                          ■2014年12月03日  撮影地 白河市

  
                          ■2011年12月07日  撮影地 茨城県 羽黒山
  
                          ■2011年12月07日  撮影地 茨城県 羽黒山
  
                          ■2011年12月07日  撮影地 茨城県 羽黒山
  
                          ■2011年12月07日  撮影地 茨城県 羽黒山
  
                          ■2011年12月07日  撮影地 茨城県 羽黒山


                ■科別小画像一覧へ              □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system