□きのこ写真集トップへ
■科別小画像一覧へ

                  ベニテングタケ
                         テングタケ科テングタケ属

 肉眼的形態(2013.10.23記述)

 発生地;ダケカンバ林地上。(針葉樹,広葉樹特にカバノキ科の樹下))

   傘   ;12p前後(6-20cm) 丸山形→扁平。(卵形→丸山形→扁平)(表面粘性あり)
          鮮紅色−橙黄色。全面に白色の外皮膜破片細粒散布。成熟時周辺に短条線。(周辺に溝線表す)


   柄   白色。上下同径。(上下同径−逆こん棒形)(中実) 上方に白色膜質つばあり。下方ササクレ状。
         基部膨大。膨大上部につぼが環状付着。

  ヒ  ダ  ;白色。密。

   肉   ;(白色。表皮下は表面色−帯黄色)(傘部肉薄い。)

  胞子紋 ; 


              下記画像はやや赤みを帯びた画像になっている。

  

                    ■  年  月  日   撮影地  北海道 帯広市

                  
       ■科別小画像一覧へ         □きのこ写真集トップへ
inserted by FC2 system