□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                            ハイイロカレエダタケ
                        ■カレエダタケ科 カレエダタケ属

 肉眼的形態(2014.02.23記述)

 発生地;林内地上(林内地上。ブナ林などの地上(東北きのこ図鑑)。)

 子実体 ;高さ5p前後(3-8cm)ホウキタケ形。淡灰褐色(淡灰色−黒っぽい。淡灰色−帯紫灰白色。暗灰色−帯紫暗褐色。)
           分岐が少なく,上端はとさか状にならない。

  肉 ;

 胞子紋 ;

  (カレエダタケとハイイロカレエダタケは,両者がコンプレックスを形成していて,野外では見分けがつかないことが多い。
    カレエダタケは白色−灰白色−淡灰褐色で,樹枝状に分枝する。分枝は不規則で,上端は細かい枝が集合し「とさか状」をなすが,
    ハイイロカレエダタケは枝先は鋭く尖らず,「とさか状」を呈さない。)
    上記を参考に本子実体をハイイロカレエダタケとした。

  
                                ■2014年07月22日  撮影地 牡丹園
  
                                ■2014年07月22日  撮影地 牡丹園
  
                                ■2014年07月22日  撮影地 牡丹園
  
                                ■2014年07月22日  撮影地 牡丹園

  
                                ■2013年07月20日  撮影地 安達太良
  
                                ■2013年07月20日  撮影地 安達太良
    

                   ■科別小画像一覧へ        □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system