□きのこ写真集トップへ

                               ハチタケまたはトガリスズメバチタケ
                                      (冬虫夏草)

肉眼的特徴(2015.01.14記述)

 発生地;マルハナバチかクマバチ(各種ハチの成虫)

 子実体の長さ6−7p(3-10cm) 

      ;

  ヒ  ダ  

   肉   ;

  胞子紋 ;

         この子実体はハチタケとトガリスズメバチタケの中間型のように見えた。
         「冬虫夏草生態図鑑 日本冬虫夏草の会編著」によると,「形態的なさなほとんどなく,別種として扱うのが適当かもしれない。今後の
         解析が待たれる。」
         と記述されている。このことから中間型があっても良いのかも知れない。

  
  
                            ■2014年07月08日  撮影地  いわき市
  
                            ■2014年07月08日  撮影地  いわき市
  
                            ■2014年07月08日  撮影地  いわき市
    
                            ■2014年07月08日  撮影地  いわき市
  
                            ■2014年07月08日  撮影地  いわき市
  
                            ■2014年07月08日  撮影地  いわき市
  
                            ■2014年07月08日  撮影地  いわき市
  
                            ■2014年07月08日  撮影地  いわき市
  
                            ■2014年07月08日  撮影地  いわき市


□きのこ写真集トップへ

inserted by FC2 system