□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

               ヒメヌメリイグチ
                    ■ 旧イグチ科(新ヌメリイグチ科)  ヌメリイグチ属

 肉眼的形態(2015.02.06記述)

 発生地;アカマツ混じり広葉樹林地上(アカマツ・コナラ林,ブナ科樹林下に群生)

   傘  ;4p弱(1.5-3-4cm) 頂部平らの饅頭形(半球形→饅頭形) 粘液におおわれる(強粘性)全面しわ凹凸状(小じわに覆われる)
         (傘縁部に内被膜破片付着) 
         茶褐色−黄褐色(灰褐色−汚褐色。ほぼニッケイ色。) 

   柄   6cmx4mm(5-8cmx4-6mm.。細長い。) 下部付近で屈曲(不規則に屈曲) 強粘性。 (粘膜質早落性つばある。)
        淡肉色(淡肉色−淡黄色。) 基部白色菌糸様((基部白色) 中実−髄状(髄状) 条線あり(傘より淡色の条線中位で密)
       
  管  孔 帯淡緑黄色(淡黄色→オリーブ色) 湾生−上生(上生) (孔長10mm内外) 孔口も同色(角形径1mm)

   肉  ;傘肉は粘質。傘部は淡肉色(淡黄白色)表皮下広く表面色 (肉薄い) 柄部も淡肉色で基部はより淡色(汚白色で髄部汚褐色)

  胞子紋 ;(KOHap.中で帯褐黄色。帯褐黄色。)
  
      

  

  

  

  

  

  

  

  
                             ■2014年07月29日   撮影地  牡丹園


                ■科別小画像一覧へ     □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system