□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

               ホテイシメジ
                            ■キシメジ科  カヤタケ属

 肉眼的特徴(2010.10.10記述)
発生地 ;ブナ林地上から発生(シイ・カシ林,ブナ・ミズナラ林,特にカラマツ林地上)
  傘   ;
3.5-4cm(2.5-7.0cm)灰褐色で中央部がやや濃い。ルーペで観察すると,中央部付近にクロムメッキ状に光る点々が見えるが(中央部程より顕著),
       デジタルカメラで撮影すると確認できない。拡大部分で白く見えるのは菌糸のようで,それが光っているようだ。
       図鑑では平滑と記載さているが,むしろザラついた(毛羽だった)感じが見られる。湿時粘性無し。

  柄  ;3.5cmx7mm(3-6cmx6-10mm)つば無し。大きい方の子実体は傘と同色。小さいものは傘よりやや薄褐色。大きい方は光沢があり縦筋が顕著。
       下方に向かい太まり,特に基部付近は膨大。(基部の径2cm)
       内部は充実しているが,指でつまんでみるとマシュマロのような弾力がある。髄状の中実(中実)
       つぼ無し。基部に白色菌糸付着。

 ひ だ ;
柄に長く垂生。やや粗で白に近いクリーム色で,老成するとクリーム色になる。 

  肉  ;白色。

 胞子紋;

 
  
                              ■2014年09月15日  撮影地 猫魔ヶ岳
  
                              ■2014年09月15日  撮影地 猫魔ヶ岳
  
                              ■2014年09月15日  撮影地 猫魔ヶ岳
  
                              ■2014年09月15日  撮影地 猫魔ヶ岳
  
                              ■2014年09月15日  撮影地 猫魔ヶ岳
  
                              ■2014年09月15日  撮影地 猫魔ヶ岳


                     ■2010年10月10日   撮影地  高旗山
  
                     ■2010年10月10日   撮影地  高旗山
  
                     ■2010年10月10日   撮影地  高旗山  傘表面
    
                     ■2010年10月10日   撮影地  高旗山
  
                     ■2010年10月10日   撮影地  高旗山


         ■科別小画像一覧へ    □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system