□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                カワムラフウセンタケ
                                フウセンタケ科 フウセンタケ属

 肉眼的形態(2015.03.12記述)

 発生地;アカマツ・コナラ混生林地上(針葉樹,広葉樹林内地上。群生)

   傘  ;6p前後(3-8(15)cm) 饅頭形→平(図鑑同記述) 湿時粘性(図鑑同記述) 縁部内巻き(図鑑記述なし) (フジ色地に褐色繊維密着。表面繊維状。)
         黄土褐色。周辺部淡色で帯淡紫褐色(中央部帯紫灰褐色−茶褐色,周辺部淡色。中央部褐色−黄土褐色,周辺部淡色,帯紫色)
         クモの巣状外被膜付着(クモの巣状外被膜残片付着)
                  
   柄  4.5cmx15mm(3-7(12)cmx8-13(20)mm) 太短い(逆こん棒形−上下同径。図鑑記述無し) 基部そろばん玉状に膨らむ(基部急に膨大し塊茎状。基
         部塊茎状に膨らむ)
  クモの巣状つばあり(図鑑同記述)(つばより下方は褐色繊維をまばらに付着し,さらに外被膜由来の残片付着)
         帯紫色。表面は繊維状。傷つくと濃紫色。(以上図鑑同記述) 中実(中実。図鑑記述無し。)

 ヒ  ダ ;帯淡紫ニッケイ褐色(フジ色→鉄錆色。紫色→ニッケイ褐色,傷つくと濃紫色変) 上生−湾生(上生) やや密(密)(幅3-8mm)

   肉  ;帯淡黄白色。柄の表皮下は淡紫色(淡フジ色で退色しやすい。淡紫色) 傷つくと濃色変(図鑑同記述))

  胞子紋 ;

        図鑑では「傘はフジ色地に褐色繊維密着。表面繊維状。」肉は「傷つくと濃色化」ひだは「密」と記述されている。
        
2014年09月27日  撮影地 福島市の子実体は,上記の点で異なると思われ,フウセンタケモドキの可能性もあり。要再検討。


  

  

  

  

  

  

  


  
                                  ■2014年09月27日  撮影地 福島市
  
                                  ■2014年09月27日  撮影地 福島市
  
                                  ■2014年09月27日  撮影地 福島市
  
                                  ■2014年09月27日  撮影地 福島市
  
                                  ■2014年09月27日  撮影地 福島市
  
                                  ■2014年09月27日  撮影地 福島市
 


             ■科別小画像一覧へ          □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system