□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                キイロイグチ
                               イグチ科 キイロイグチ属

 肉眼的特徴(2015.02.15記述)

 発生地;林内地上(針葉樹林内地上に単独−2個ずつ発生)

   傘 ;5cm(4-10cm) 饅頭型(半球形→饅頭形→扁平)(湿時弱粘性) (レモン黄色の綿状粉質物に蜜におおわれ,触れると手に付着する)
       レモン黄色で中央部濃色(レモン黄色→中央部において帯褐赤色−帯褐色→多少ひび割れる) (肉は空気に触れると徐々に青変)

   柄 ;(4-10cm x 7-15mm) 上下同径(上下同径) レモン黄色で粉状。条線あり(レモン黄色で粉質) 中実。
       (上部に傘の下面をおおっていた被膜(クモの巣状)がつばとなって残るが比較的消失しやすい)(つばの色はレモン色)

 管 孔; 淡黄土色(淡黄色→暗褐色) 孔口も同色。(傷つくと弱く青変。傷つくと青変。) 離生(離生。成熟すると離生状。)(孔長3-6mm)

  肉  ;傘も柄肉も帯淡茶レモン黄色。柄基部の肉は橙黄色(白色−茶黄色で下方は帯橙黄色。肉は白色−多少帯黄白色。)
      (空気に触れると徐々に青変)(傷口は弱く徐々に青変)(無味,酸味あり)

 胞子紋;(オリーブ褐色)


  2014年09月03日  撮影地  烏峠の子実体は管孔長が10mmほどあることと,肉色が図鑑記述よりだいぶん濃色なので別種の可能性あり。
  
                                   ■2014年09月03日  撮影地  烏峠
  
                                   ■2014年09月03日  撮影地  烏峠
  
                                   ■2014年09月03日  撮影地  烏峠
  
                                   ■2014年09月03日  撮影地  烏峠
  
                                   ■2014年09月03日  撮影地  烏峠
  
                        ■2014年09月03日  撮影地  烏峠
  

             ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system