□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

               キカラハツモドキ
                           ■ベニタケ科 チチタケ属

 肉眼的形態(2014.01.10記述)

 発生地;針葉樹林地上。(亜高山帯の針葉樹林下)

   傘  ;笠10p前後(5-20cm)。漏斗形。 縁部内巻き(饅頭形→漏斗形 縁部永く内巻き.幼時縁部に微毛ある)表面粘性あり。
        黄土色地(クリーム色−淡黄土色−淡黄色)に環紋あり。(濃色の環紋がときに不明瞭)
       

   柄    円柱形で中実→中空。笠より淡色。小クレーター散在。

 ヒ   ダ ; うす肌色(うす肌色−帯黄色)垂生。密(幅狭い3mm前後) 近くで又状分岐(しばしば分岐)
             

   肉  ; (かなり厚い。白色。柄の部分で帯黄褐色帯びることあり。強い辛みあり)

  乳  液 ;
 白色乳液分泌。乳液変色性無し。

  胞子紋 ;

          
      類似種にキカラハツタケがある。キカラハツタケは(笠に綿毛鱗片密生している。ひだは直生−やや垂生。乳液は速やかに黄変)
      (キカラハツモドキはカラハツモドキとよく混同されるが,カラハツモドキは一般に子実体がやや大きい,帯黄レンガ色の地に
      濃橙色の環紋ある。また,L.acerrimus Britz.は傘が不規則形で縁部が著しく屈曲し,黄土色の地に帯橙黄土色の環紋ある。)

  
                          ■2013年10月08日  撮影地 宇津峰山
  
                          ■2013年10月08日  撮影地 宇津峰山
  
                          ■2013年10月08日  撮影地 宇津峰山
  
                          ■2013年10月08日  撮影地 宇津峰山


                 ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system