□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                   キララタケ
                               ■旧ヒトヨタケ科 新ナヨタケ科、旧キララタケ属

 肉眼的形態(2013.12.09記述)

 発生地;広葉樹林地上(広葉樹の切株−埋もれ木。広葉樹の切株−腐朽材上−周辺。) 

  傘  ;傘径(1-4cm) 卵形(卵形→鐘形−円錐形→開いて縁部反り返る。円柱状紡錘形→円錐形→中高扁平→縁部反転。)
        帯褐黄色。全面に細雲母状粉被に覆われる(最初おおわれる→脱落し平滑。幼時覆われ,ときに暗褐色細粒も伴う→脱落し淡黄褐色地表出。
        周辺に放射状溝線顕著(周辺に放射状溝線ある。周辺に条線生じる。)
 
   柄  (白色,中空,高さ3-8cm)(白色平滑,中空,下方やや太い)

 ヒ  ダ (白色→黒色→液化が,ヒトヨタケなどほど著しくない。白色→黒紫褐色,液化生弱い。) (離生,密,幅狭い)

    ;(白色。極薄い)

 胞子紋 ; 

  (本種は質上(きのこが発生している地面)に黄褐色−橙褐色の菌糸塊がない。類似種のコキララタケにはある。基質状の菌糸塊の有無で区別できる)

  
                             ■2013年11月06日  撮影地  牡丹園
  
                             ■2013年11月06日  撮影地  牡丹園
  
                             ■2013年11月06日  撮影地  牡丹園
  
                             ■2013年11月06日  撮影地  牡丹園


                   ■科別小画像一覧へ          □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system