□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                コゲイロハツ
                              ベニタケ科 ベニタケ属

 肉眼的形態(2014.01.22記述)

 発生地;広葉樹林下腐植土上(針葉樹林下,ブナ科樹林下)

   傘  ;8p前後(5-10cm) 中央窪む饅頭形−中央窪む扁平→浅皿形。幼時縁部強く内巻き。平滑。粘性無し。
         灰褐色→黒褐色(汚白色→灰褐色→黒褐色(触れると黒ずむ)
       
   柄   傘表面より淡色。。 上下同径−下方やや太まる(円柱形)中実−随状(随状)

  ヒ  ダ  ;汚白色−淡帯黄白色。直生−やや垂生(離生) 密。傷つくと赤褐色変→暗褐色変。(幅2-4o)
         「原色日本新菌類図鑑」では,僅かに赤変→灰色に変色。「北陸のきのこ図鑑」では暗赤褐色→暗褐色→黒褐色

   肉  ;白色。断面はひだと同様。

  胞子紋 ;
      
        よく似た類似種クロハツモドキがある。クロハツモドキは傷つけると「赤褐色変→黒色変」となる。黒色にならない。
        類似種のクロハツはひだが疎で幅が広い。ニセクロハツは傷つけても黒変せず,ゆっくりと赤褐色になるだけ。
        さらによく似た類似種にコゲイロハツがあり,傷つけても黒変せず,「原色日本新菌類図鑑」によると,
        はじめ僅かに赤変→灰色に変色。「北陸のきのこ図鑑」によると暗赤褐色→暗褐色→黒褐色と記載されている。
               

  
                             ■2013年07月02日  撮影地  安達太良山
  
                             ■2013年07月02日  撮影地  安達太良山
  
                             ■2013年07月02日  撮影地  安達太良山
  
                             ■2013年07月02日  撮影地  安達太良山
  
                             ■2013年07月02日  撮影地  安達太良山
                                (時間がたっても暗褐色で黒変しない)


                    ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system