□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                            クロアワタケ
                           イグチ科 ヤマドリタケ属

 肉眼的形態(2014.01.16記述)

 発生地;アカマツと広葉樹混成林樹下。(アカマツ混成林,コナラ林下)

   傘  ;5−12p前後(5-10cm) 饅頭形→扁平(半球形→饅頭形→扁平) 表面粘性無し。
             灰−帯褐灰色。軟毛あり→ほぼ無毛。なめし革様の感触あり。
             
    柄   円柱形−中位太い。基部多少根状。中実。基部付近まで細かい網目模様あり。
             上部でほぼ白色−灰白色。下方に向かって灰-暗褐色。基部は帯褐黄色−帯褐橙色のしみ(しばしば生じる)

  管  孔 ; 汚白色→淡灰褐色。直生(直生−垂生気味) 孔口も同様。傷つくと褐色変。(孔口角形径1o以下)
            

   肉  ; 白色。切断で僅かに淡ピンク色。柄基部内部に帯褐黄色−帯褐橙色のしみあり(しばしば生じる)

  胞子紋 ;
      
            (類似種にオオミノクロアワタケがある。傘及び柄において黒みが強く。胞子がより大型。
            少なくとも西日本ではクロアワタケよりも見られ,アカマツ林に広く分布している。)


  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園

                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                          ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園


                 ■科別小画像一覧へ        □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system