□きのこ写真集トップへ
■科別小画像一覧へ

              クロフチシカタケ
                        ■ウラベニガサ科 ウラベニガサ属

 肉眼的形態(2014.01.17記述)

 発生地;アカマツ腐植切株(針葉樹林内朽木,ときにおが屑。)

  傘  ;8p前後( cm) ほぼ扁平(鐘形→丸山形→ほぼ平) 中央部鱗片状。周辺部繊維状。(条線無し)
             灰黄褐色黒褐色(セピア色−黒褐色)
       
  柄    白色。暗褐色繊維に覆われる。上下同径−やや逆こん棒形(ほぼ上下同幅。基部多少膨らむ) 中実。

 ヒ  ダ  白色→肉色。縁部は暗褐色に縁取られる。離生。密(やや密)

  肉  ; 白色。断面はひだと同様。

 胞子紋 ;
      
     (東北ではブナ科など広葉樹材上に発生。ただし,これらが同一種かどうか,今後検討が必要)                 

  
                            ■2012年09月24日  撮影地  逢瀬公園

  
                            ■2012年09月24日  撮影地  逢瀬公園

  
                            ■2012年09月24日  撮影地  逢瀬公園

  
                            ■2012年09月24日  撮影地  逢瀬公園

  
                            ■2012年09月24日  撮影地  逢瀬公園

  
                            ■2012年09月24日  撮影地  逢瀬公園


                   ■科別小画像一覧へ        □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system