□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                              マスタケ
                          サルノコシカケ科 アイカワタケ属

 肉眼的特徴(2014.03.15記述)

 発生地;広葉樹材立木枯死部(広葉樹朽木−立木枯死部)。

 子実体;側着重生。無柄。

  傘  ;
15p前後(5-20cm) 半円形−扇形。多数重生(単生−重生)縁部波打つ。
        朱橙色→朱紅色→退色。(周辺の成長部は淡色)(放射状小じわ,小凹凸と色合いによる不鮮明な環紋あり。)

 管 孔 類白色−クリーム色。孔口も同色。円形。(3-4個/mm)(孔長2-10mm) 

  肉  ;(湿潤柔軟帯紅白色→コルク質で砕けやすくなる)

 胞子紋;

  
 シロカイメンタケとしばしば混同される。シロカイメンタケは縁部が波打たないことと,1個−数個重なって発生するが,
   マスタケのように株状にならない。ことで区別できる。また,発生時期はシロカイメンタケが夏頃で,マスタケは秋に発生する。
  (本種類似で針葉樹より発生するミヤママスタケがあり,やや帯黄色で特に孔口面が鮮黄色であることが特徴)


  
                        ■2012年10月27日  撮影地  聖ヶ岩ふる里の森

  
                        ■2009年09月22日  撮影地  山形県 霞城公園
                        
  
                        ■2002年09月07日  撮影地  群馬県 上州武尊

               ■科別小画像一覧へ         □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system