□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                マツバハリタケ
                           ■イボタケ科 マツバハリタケ属

 肉眼的形態(2010.11.24記述)

 発生地;クロマツ林内地上

  傘  ;
直径5p〜15p。平らに開き中央部が少し窪む。縁は波状に屈曲。
      表面は乾き,なめし革(羊皮質)状の感触有り。斑な褐色(淡ニッケイ色〜帯桃色の材木色で周辺は白色)で鱗片は無い。

  柄  ;柄は太く短い。2〜3p×1〜1.2p 傘よりも少し色が濃い。

 ひ だ ;針状で(2〜)5〜8oで汚白色(初め白くしだいに材木色になる。)で柔らかい。

  肉  ;傘肉の厚さ8〜15oで白色のちく汚白色。縁に向かって急に薄くなる。弾力があり(肉質で柔軟)放射状に繊維紋を現す。
      (肉は白色で放置しておくと汚白色。裂くと繊維状の肉質断面が見え,傘よりも堅い。)

 香  り;コウタケの香りを優しくした香りがする。(爽快なきのこの香り)と記載あるが,いわゆるきのこ臭は感じられない。

 その他;クロマツ林内地上に松葉を被り発生していたが,発生適期を過ぎているようで,全て老菌または朽ちかけていた。
      1〜2週間前が最盛期だったと思う。

  
                         ■2010年11月20日  撮影地  宮城県
  
                         ■2010年11月20日  撮影地  宮城県
  
                         ■2010年11月20日  撮影地  宮城県
  
                         ■2010年11月20日  撮影地  宮城県


           ■科別小画像一覧へ     □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system