□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                ナガエノホコリタケ
                              ケシボウズタケ科 ケシボウズタケ属

 肉眼的形態(2015.03.13記述)

  発生地;砂地(図鑑同記述)

  子実体:
 (幼菌は地中性,径1-2cm,球形−扇球形) 高さ3cm前後(成熟すると柄部伸長し,地表状に頭部2-7cm突き上げる。)

  殻 皮;
 全体に砂粒付着,表皮はざらついているように見える(2層,外皮は砂粒と混じる,柄伸長で剥離し頭部の下側に衿状となって残る,内皮は灰色−淡褐色,平滑)
        ときに砂粒などの粒点あり)


   柄 ; 径4mm前後(径3-5mm) 表面色は赤褐色(白地に赤褐色鱗片つける)

   肉 ; (白色,中実,堅い)(基部ふくれ,根状の菌糸束まとう)

  
    類似種にケシボウズタケがある。図鑑の記述を見るとやや小型のようだ。また,柄にささくれ(鱗片)を生じず平滑とのこと。

  

  

  

  


             ■科別小画像一覧へ      □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system