□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                   ナラタケ
                             ■キシメジ科  ナラタケ属

 肉眼的形態(2013.12.14記述,2014.02.17画像追加)

  発生地;広葉樹枯れ木,切り株,生木に発生。

   傘  ;6p前後(4-10cm) (中高饅頭形→中高扁平→浅杯形。)
        表面粘性無し。(幼時汚白色−淡黄土色。中央黒褐色細鱗片密生。
        成熟につれ地色は茶褐色を増し,鱗片目立たなくなる) 周辺に条線あり。

    柄  ;傘と同色。上方に丈夫な膜質つばあり。 上下同径−下方やや太い。質脆い。中実

 ヒ  ダ  ;(白色→帯褐色→褐色しみ。垂生。)

   肉  ;白色。脆い。

  胞子紋;

          ナラタケはクロゲナラタケ,ワタゲナラタケ(ヤマナラタケ),ナラタケ,ヤチナラタケ,オニナラタケ(ツバナラタケ),
          キツブナラタケ,キヒダナラタケ(仮称),クサミノナラタケ(仮称)に分類されている。
          図鑑による完全な同定は私には自信がない。ここでは図鑑のナラタケを参考にして記述した。


  
                             ■2012年11月08日  撮影地 羽鳥湖

  
                    キツブナラタケ■2010年10月16日  撮影地 宮城県 船形山
  
                    キツブナラタケ■2010年10月16日  撮影地 宮城県 船形山
  
                    キツブナラタケ■2010年10月16日  撮影地 宮城県 船形山
  
                    キツブナラタケ■2010年10月16日  撮影地 宮城県 船形山

    
                             ■2006年 9月16日 撮影

  
                  ■2009年09月26日  撮影地 宮城県 青葉の森


            ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system