□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                ニガクリタケ
                               モエギタケ科 クリタケ属

 肉眼的形態(2013.12.15記述。2015.02.03加筆修正及び追記。)

 発生地;切り株,倒木,埋もれ木などから発生。(図鑑同記述)

   傘  ;3-5cm前後(1.5-4-5cm) 半球形→饅頭形→扁平,ときに中央鈍く尖るまたはやや盛り上がる。平滑−やや繊維状(平滑,多少吸水性)
        (半球形→陣笠形→扁平。半球形−丸山形→饅頭形→ほぼ平,ときに中央鈍く尖るまたはやや盛り上がる。)
         縁部ときに被膜残片付着(縁には初め被膜の名残がクモの巣状に付着→のち消失)
         淡黄色−鮮黄色−硫黄色。中央濃色(淡黄色−鮮黄色,しばしばちゅうおうで帯橙褐色)
         老成し周辺黒ずむ。さらに老成すると黒化する?←自信がない。

      ;4-6cmx5mm前後(2-12cmx2-7mm) 上位に内被膜痕跡付着(ときにクモの巣状の不完全つばもつが消失しやすい)条線あり。繊維状。
        絹状光沢あり。(以上図鑑同記述) 傘と同色(傘とほぼ同色,ときに下方に向かって橙褐色) 中空。(内被膜痕跡より上位に橙褐色条線あり)

 ヒ   ダ  硫黄色→暗紫褐色(硫黄色→帯オリーブ緑色→暗紫褐色) 湾生−上生(直生。湾生−上生)密。(幅2-3mm)

   肉   ;淡黄色(黄色)強い苦みあり。(薄い。弱い臭気あり。ときに傷口赤変するものあり)

  胞子紋  ;(紫褐色)
      
      以前からニガクリタケは数種類あるのではと,疑問に思っていた。
      「北陸のきのこ図鑑」によると,「顕微鏡的特徴の異なるもの,無味なものなど数種ある。」とのこと。また,「原色日本新菌類図鑑」によると,
      「日本産標本には子実体の大きさや色,発生する樹種(針葉樹あるいは広葉樹)などの点でかなり異なったものが認められるが,ここでは
      これらを含めて本種として取り扱った。この点についてはさらに検討が必要と思われる。」と記述されている
      また,「無味無臭のニガクリタケモドキやアシボソクリタケがあり,秋に針葉樹や竹の落枝葉や倒木に発生する。ニガクリタケモドキは苦味がない,束生しない。」とのこと。
      下記画像には,上記種類が混在している可能性ある。

  
                          ■2014年12月03日  撮影地 白河市
  
                          ■2014年12月03日  撮影地 白河市

  
                            ■2014年10月09日  撮影地  牡丹園
  
                            ■2014年10月09日  撮影地  牡丹園

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  


 
                         ■2013年9月25日   撮影地  牡丹園
  
                         ■2013年9月25日   撮影地  牡丹園
  
                         ■2013年9月25日   撮影地  牡丹園

  
                            ■2011年10月20日   撮影地  宇津峰山
  
                            ■2011年10月20日   撮影地  宇津峰山
  
                            ■2011年10月20日   撮影地  宇津峰山
  
                            ■2011年10月20日   撮影地  宇津峰山
  
                    ■2010年10月23日   撮影地  半田山

  
                    ■2010年10月23日   撮影地  半田山

  
                    ■2010年10月23日   撮影地  半田山


             ■科別小画像一覧へ      □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system