□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

              ニオイワチチタケ
                            ベニタケ科 チチタケ属

 肉眼的形態(2014.02.08記述)

 発生地;広葉樹林下(ブナ科樹林下)。

    傘  ;3p前後2.5-4.5cm) 浅皿状→漏斗形(中央窪む饅頭形→漏斗形) 粘性無し。平滑。
        淡褐色と橙褐色(淡肉色とニッケイ褐色。淡褐色と濃褐色。)の環紋交互にあり(蛇の目模様なす) 
       
    柄  赤褐色。白粉状(表面赤褐色粉状) ほぼ上下同径(ほぼ上下同径または下方太い)中実−随状(中空。髄状−中空。)
        縦じわあり。(基部に帯黄褐色粗毛あり。基部に黄褐色粗毛密生。)

  ヒ  ダ 淡肉色。触れるとやや褐色化。幅狭い(2-2.5mm) 垂生(直生状垂生−垂生)極めて密。(ときに分枝する。叉状分枝する。)

    肉  ; 帯淡褐色(淡肉色) やや厚い。傷つくと傷つくと多少褐色変(断面変色せず) 

  乳  液 ;
 白色。水様。変色性無し。無味。

  胞子紋 ;
(白色)

  臭  い ;カレー粉ような臭い(カレー−当帰よう臭い) 乾燥すると強くなる。
         
        「臭い」と冠に付く種名だけあって,手に取っただけで香がはっきりと解る。図鑑にはカレー粉のような臭いと記載されている。
        この種に見た目そっくりなチョウジタケがある。自分はぱっと見で判別がつかないが,香と乳液の変色で見分けがつく。

  
                      ■2012年10月09日 撮影 空港公園
  
                       ■2012年10月09日 撮影 空港公園
  
                         ■2012年10月09日 撮影 空港公園
  
                         ■2012年10月09日 撮影 空港公園
  
                         ■2012年10月09日 撮影 空港公園
  
                         ■2012年10月09日 撮影 空港公園

                          
               ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system