□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

               ヌメリイグチ
                    ■ 旧イグチ科(新ヌメリイグチ科)  ヌメリイグチ属

 肉眼的形態(2013.12.15記述)

 発生地;アカマツなどの樹下に発生。(マツ属トウヒ属の樹下に発生)

   傘  ;5−10p前後(5-10(14)cm) 半球形→饅頭形(半球形→饅頭形→浅皿状)) 
        黄褐色−暗赤褐色−栗褐色など→淡色。(ときに灰−紫色) 湿時強粘性。表皮剥ぎやすい。

   柄   白色−黄白色。つばより上に暗紫褐色細粒点密付,下位に淡色の細粒点密付するが,ときに目立たない。
         つばは内被膜で灰褐色−帯紫色。
       

  管  孔 レモン色−帯褐黄色。直生−やや垂生。 孔口は小円形。管孔剥ぎやすい。

   肉  ;黄白色。表皮下は表面色。軟質。

  胞子紋 ;
  
      ハナイグチに似ているが,ヌメリイグチの柄全体に粒点があることで見分けられる。
      また,チチアワタケにも似るが上記と同じで細粒点があることで見分けられる。


  
                             ■2014年07月29日   撮影地  牡丹園

  
                             ■2013年 9月25日   撮影地  牡丹園

  
                          ■2012年10月9日   撮影地  牡丹園
  
                          ■2012年10月9日   撮影地  牡丹園
  
                          ■2012年10月9日   撮影地  牡丹園
  
                          ■2012年10月9日   撮影地  牡丹園
  
                          ■2012年10月9日   撮影地  牡丹園

  
                          ■2011年10月20日   撮影地  宇津峰山

  
                         ■2010年10月23日   撮影地  半田山
  
                         ■2010年10月23日   撮影地  半田山
  
                               ■2010年10月23日   撮影地  半田山
  
                               ■2010年10月23日   撮影地  半田山

  
                                 ■2011年10月26日  撮影地 高篠山

                ■科別小画像一覧へ     □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system