□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                    ヌメリスギタケ
                        ■モエギタケ科  スギタケ属

 肉眼的形態(2013.12.18記述)

 発生地;コナラなどの立ち木から発生。(落葉広葉樹,特にブナの枯幹,倒木上に発生)

   傘  ;6p前後(4-8cm) 丸山形(丸山形→饅頭形→ほぼ扁平。縁部波打つ)
         黄色地に褐色三角形鱗片あり。中央密。表面粘性あり。乾くと光沢あり。(湿時周辺に短条線見える)

   柄   ;黄白色地。上下同径。(随状−中空)上位に薄膜質つばあり。つば上方は褐色条線,下方は褐色繊維が覆う。
         さらに脱落しやすい褐色鱗片が層状に付着。表面粘性あり。

  ヒ  ダ (直生。密)

   肉  ;(淡黄色。ひだと笠の境はオリーブ色。質しまる。笠部中央厚い)

  胞子紋 ;
       

  (よく似たヌメリスギタケモドキは,「柄に粘性がないことで区別できる。また,ときに基部が偽根状に伸びる)


  
                          ■2001年 8月28日   撮影地  帯広

                       

                ■科別小画像一覧へ        □五十音別図鑑へ
inserted by FC2 system