□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                ヌメリツバタケモドキ
                                ■キシメジ科 ツエタケ属

 肉眼的形態(2015.03.10記述)

 発生地;ブナの枯幹(ブナ枯幹−倒木に束生。図鑑同記述。)

   
傘  ;直径3p前後(2-6p)饅頭形→ほとんど平ら(半球形−平たい饅頭型) 表面甚だしい粘性あり(図鑑同記述) 
         表面は帯淡灰褐白色→淡褐色(若いとき中央部帯灰褐色→淡灰色−ほとんど白色) 

   柄  ;4cm前後x4mm前後(1.5-4cmx3-10mm) ほとんど白色(類白色で下方ほど灰褐色。下部は灰褐色,絹糸状−繊維状。) (つばは白色,膜質)
         下方にやや細まる(上下同径)軟骨質(図鑑同記述)(中実)

  
ひ だ; ほとんど白色(図鑑記述無し) 厚く疎(図鑑同記述)  (湾生−直生,長く脈状となって柄の上部を流れる) (幅広い)
        しわ状に縮れる(しわ条に縮れる。表面は粉状,多くのしわあり,互いに脈状につながる)

   肉  ;
傘肉は極めて軟らかい(白色−ねずみ色。薄い,白色−帯灰色。)(質きわめて軟らかい,くさりやすい) 
        
  
  類似種など;ヌメリツバタケがあるが,ひだがしわ状に縮れないことで区別できる。(「新版北陸のきのこ図鑑」によるとヌメリツバタケは広葉樹枯木でヌメリツ
           バタケモドキはブナの枯幹に発生すると記述あり)

  
  
                           ■2014年09月15日   撮影地  猫魔ヶ岳
  
                           ■2014年09月15日   撮影地  猫魔ヶ岳
  
                           ■2014年09月15日   撮影地  猫魔ヶ岳
  
                           ■2014年09月15日   撮影地  猫魔ヶ岳

 


               ■科別小画像一覧へ                 □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system