□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                 オニイグチ
                               オニイグチ科 オニイグチ属

 肉眼的形態(2014.01.04記述)

 発生地;広葉樹下地上。(広葉樹林,草地など腐植部の多い地面)

   傘  ;5p前後(3-8cm) やや扁平(半球形→饅頭形→扁平) 縁部に内被膜片付着。表面粘性無し。羊毛状粗鱗片を圧着。
        帯褐白色→暗褐色(幼時凹部白色,凸部煤色。成熟につれ暗褐色→黒褐色)
            
   柄  ;灰白色。全面に縦長の綿毛状鱗片密布。下方ほど密(綿毛状鱗片密布により,やや隆起した網目あるも不明瞭)
         ときに厚い綿毛状膜質つばあり。上下同径−下方細まる(上下同径−逆こん棒形) 中実。

  管 孔  汚白色(白色→暗灰色→黒褐色) 直生−湾生。(孔長5-15mm。孔口も同色。角形。(孔口径1-1.5mm) 断面は赤褐色→黒褐色変。

   肉   類白色。笠部軟質。柄部硬く脆い。断面は赤褐色→黒褐色変。

  胞子紋 ;
        
        現在はオニイグチの他,類似種にオニイグチモドキ,コオニイグチ,ツブカサオニイグチがあり,本種と合わせ4種ある。
        本種オニイグチは傘の鱗片が尖っていず,圧着しているように見える。オニイグチモドキは傘の鱗片が永続性刺状粗鱗片である。
        また,ツブカサオニイグチは傘の鱗片が非常に細かい尖った鱗片とのこと。
        今後はさらに細かく分類される可能性もあるとのこと。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  


  
                             ■2012年09月12日   撮影地  牡丹園
  
                             ■2012年09月12日   撮影地  牡丹園


                  ■科別小画像一覧へ        □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system