□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

           オオシロタマゴタケ(仮)
                       ■テングタケ科  属)

 肉眼的形態(2013.12.31記述)

 発生地;広葉樹林下地上。

   傘  ;径10-15p前後 饅頭形→やや扁平。周囲に溝線あり。
            白色。中央部淡褐色。

   柄  ;白色。下方に向かい太い。上部に膜質つば。つばより上位粉状。下方はササクレ状鱗片密布。
           基部にややさや状−袋状のつぼあり。

 ヒ   ダ ;
白色。離生。密。

   肉  ;

 胞子紋  ;

          全体の高さが20p以上あった。
          オオシロタマゴタケ(仮)としたが,アケボノドクツルタケの可能性もある。しかし,アケボノドクツルタケは
          「かさのふちは滑らか、もしくはかすかに条線を有する」らしい。2014年以降に再度観察したい。

  
                             ■2013年10月 8日 撮影 宇津峰山
  
                             ■2013年10月 8日 撮影 宇津峰山
  
                             ■2013年10月 8日 撮影 宇津峰山
  
                             ■2013年10月 8日 撮影 宇津峰山
  
                             ■2013年10月 8日 撮影 宇津峰山


                   ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system