□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

               シモコシ
                       ■キシメジ科 キシメジ属

 肉眼的形態(2010.11.24記述)

 発生地;宮城県 クロマツ林内地上

   傘  ;直径5p前後。中高のまんじゅう形に開く。
        表面はクリーム色で,茶褐色の三角型繊維紋が顕著で中央ほど多い。
        湿時粘性有り。松葉が付着していた。表皮は剥きやすい。

   肉  ;傘の肉は白色。

 ひ  だ ;硫黄色で密とは言えない。(密〜疎))湾生。

   柄  ;太く短いものと細長いものが混在し縦条線がある。基部が丸く膨らむかこん棒状をなす。
      上部1/3は白色で2/3は帯黄色だが,顕著なものとほとんど白色に近いものがあった。
      肉は白色だが,周辺は黄色みを帯びる。中実

 香  り;
ほとんど感じられなかった。きのこ臭も感じなかった。

   味 ;ほろ苦みがあった。

 その他 ;

  クロマツ林内地上に松葉を被り発生していたが,本来は松葉のないところに発生するらしいが,ほとんどの子
  実体は松葉を被っていて,ストックなどで松葉を払い除けたりしながら探した。
  1.柄が細長く,2.味がほろ苦いのであった。このきのこは果たしてシモコシなのだろうか。キシメジが疑
    われる。
  シモコシとキシメジは分類学的に課題があるようだ。しかし,炊き込みご飯にしたら素晴らしく良い香り(洋風
  スパイス様)で,非常に美味しく頂いた。
  岩沼の海浜緑地には沢山の人がきのこを採りに来ているので,どちらにしても問題ないだろう。
  「東北のきのこ図鑑」にはカラキシメジが載っていたが,味は辛くなかった。

  
                  ■2010年11月20日   撮影地  宮城県 クロマツ林
  
                  ■2010年11月20日   撮影地  宮城県 クロマツ林
  
                  ■2010年11月20日   撮影地  宮城県 クロマツ林
  
                  ■2010年11月20日   撮影地  宮城県 クロマツ林
  
                  ■2010年11月20日   撮影地  宮城県 クロマツ林
  
                  ■2010年11月20日   撮影地  宮城県 クロマツ林
  
                  ■2010年11月20日   撮影地  宮城県 クロマツ林
  
                  ■2010年11月20日   撮影地  宮城県 クロマツ林

  


                  ■科別小画像一覧へ      □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system