□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                              シロオニタケ
                         ■テングタケ科 テングタケ属

 肉眼的形態(2011.10.01記述 2014.02.01修正追加)

  発生地;アカマツ・コナラ林地上(アカマツ・コナラ林,コナラ,シイ・カシの各林下に散生)

    傘  ;
笠15p前後(9-20cm) 半球形→饅頭形→扁平(半球形→饅頭形→浅皿状) 表面粘性無く,錐形の脱落しやすい疣密生(図鑑同記述)
       白色。縁部に内被膜片垂下。内被膜にもいぼが散在(以上図鑑同記述)

   柄  ;白色。逆こん棒形。上部は綿くず状粉粒,下方は錐状疣で環状層をなす(以上図鑑同記述) 中実(図鑑記述無し) (頂部に脱落しやすいつばの痕跡や破片あり)

  ひ だ;白色−淡帯黄白色(白色→乳白色) 縁部粉状(図鑑同記述)

   肉  ;白色。空気に触れても変色しない。質締まる(以上図鑑同記述)(乾燥すると特有の異臭放つ)

  胞子紋;

  
                                 ■2014年09月27日   撮影地  福島県
  
                                 ■2014年09月27日   撮影地  福島県
  
                                 ■2014年09月27日   撮影地  福島県
  
                                 ■2014年09月27日   撮影地  福島県
  
                                 ■2014年09月27日   撮影地  福島県
  
                                 ■2014年09月27日   撮影地  福島県

 
                           ■2013年10月08日  撮影地  宇津峰山
                      いぼ,内皮膜片等が黄色く見えているが,子実体は白色である。撮影に使用しているカメラが,
                      日陰になっている部分等に,黄色みが強く出てしまう。画像処理してもなかなかうまく消せない。
  
                           ■2013年10月08日  撮影地  宇津峰山
                      いぼ,内皮膜片等が黄色く見えているが,子実体は白色である。撮影に使用しているカメラが,
                      日陰になっている部分等に,黄色みが強く出てしまう。画像処理してもなかなかうまく消せない。
  
                           ■2013年10月08日  撮影地  宇津峰山
                      いぼ,内皮膜片等が黄色く見えているが,子実体は白色である。撮影に使用しているカメラが,
                      日陰になっている部分等に,黄色みが強く出てしまう。画像処理してもなかなかうまく消せない。
  
                           ■2013年10月08日  撮影地  宇津峰山
                      いぼ,内皮膜片等が黄色く見えているが,子実体は白色である。撮影に使用しているカメラが,
                      日陰になっている部分等に,黄色みが強く出てしまう。画像処理してもなかなかうまく消せない。

  
                        ■2011年09月29日  撮影地  妙見山
  
                        ■2011年09月29日  撮影地  妙見山
  
                        ■2011年09月29日  撮影地  妙見山
  
                        ■2011年09月29日  撮影地  妙見山


             ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ
inserted by FC2 system