□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

           タマシロオニタケ(近縁種?)
                        テングタケ科 テングタケ属

 肉眼的形態(2014.02.06記述)

 発生地;コナラ林地上(シイ・カシ林,ブナ・ミズナラ林,アカマツ・コナラ林地上)

   傘 ;
傘径7p前後(3-7cm)半球形→饅頭形(鐘形→饅頭形→扁平) 角錐状小いぼ多数付着(環状付着)脱落しやすい。粘性無し。
       白色−淡帯褐色(白色−乳白色。白色−ときに多少帯淡褐色。
       縁部に僅かに内皮膜片垂下(若い子実体で垂下することがある。内皮膜片付着もある。)

   柄  ;白色。表面は綿くず状−繊維状小鱗片に覆われる。ほぼ上下同径。基部はカブラ状−球状に膨らむ。末端に根状菌糸束付着。 中実。
         つばは白色。膜質で上面に条線,下面は綿くず状(つばは永続性,柄の上部につく) つぼは膨大部では不明だが,やや輪状。
          
 ひ  だ;白色。 離生。密。縁部粉状。(幅5mm内外。約7mm) 末端は線となって柄頂部に流れる。

   肉  ;白色。緻密。やや厚い(薄い)(ほとんど無臭。淡い甘みあり。)

  胞子紋;

          タマシロオニタケと思われるが,気になる点あり。傘肉が本子実体ではやや厚いが,図鑑では薄いと記述あり。
          また,図鑑には記述されていないが,切断面や表面の触れた部分が褐色変しているように見える。近縁種の可能性あり。


  
                             ■2012年09月03日  撮影地  逢瀬公園
  
                             ■2012年09月03日  撮影地  逢瀬公園
  
                             ■2012年09月03日  撮影地  逢瀬公園
  
                             ■2012年09月03日  撮影地  逢瀬公園
  
                             ■2012年09月03日  撮影地  逢瀬公園
  
                             ■2012年09月03日  撮影地  逢瀬公園


                   ■科別小画像一覧へ      □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system