□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                               テングタケ
                         ■テングタケ科  テングタケ属

 肉眼的形態(2014.02.13記述)

 発生地;アカマツ,広葉樹類混生林樹下に発生。(広葉樹林下。針葉樹・広葉樹ともに発生。))

   傘  ;8p前後(4-25cm)。幼時半球形→饅頭形→中丘扁平(ついには中央やや窪む) 多少粘性あり。
        黄土褐色−灰褐色−暗褐色。周辺淡い(灰褐色−オリーブ褐色。暗褐色−暗黄土褐色。) 周辺条線あり(放射状溝線表す)
        全面に白色のつぼの破片多数点在(扁平疣を散布)
              
   柄  ;類白色。上下同径−下方やや太まる。上方に白色膜質つばあり(上から1/3の位置) 中空。
       つばより下方ササクレ状(繊維状鱗片だんだら状) 基部は肥大し,白色つぼの名残が指輪状−リング状つぼ口縁なす。
         
 ヒ  ダ;白色(白色−乳白色)密。離生。

   肉 ;白色。(表皮下は表面色) 薄い。

 胞子紋;  
   
      類似種にイボテングタケがある。イボテングタケの疣は傘の鱗片が角錐形イボ状をなす。


  
                           ■2013年09月18日   撮影地  牡丹園
                       幼菌の外被膜をみると,イボテングタケに比べ,イボイボ感がなく平坦に見える。
  
                           ■2013年09月18日   撮影地  牡丹園
                          傘のひび割れがカサブタ状になる。イボテングタケは角錐状になる。
  
                           ■2013年09月18日   撮影地  牡丹園
  
                           ■2013年09月18日   撮影地  牡丹園
  
                           ■2013年09月18日   撮影地  牡丹園
  
                           ■2013年09月18日   撮影地  牡丹園
  
                            ■2013年09月18日   撮影地  牡丹園

  
                              ■2013年07月26日  撮影地  牡丹園
  
                              ■2013年07月26日  撮影地  牡丹園
  
                              ■2013年07月26日  撮影地  牡丹園

  
                             ■2012年09月26日  撮影地  羽鳥湖
  
                             ■2012年09月26日  撮影地  羽鳥湖


                  ■科別小画像一覧へ        □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system