□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                               ツギハギハツ
                             ■ベニタケ科 ベニタケ属

 肉眼的形態(2015.02.15記述)

 発生地;広葉樹林内地上(主にブナ科樹下,アカマツ混成林下に散生)

   傘   ;
5p弱(4-9cm) 中央くぼんだ浅い漏斗形(饅頭形→中央やや窪む扁平→浅杯状,縁部鋭い) (湿時弱粘性)
         淡粘土色(淡粘土色−淡褐色,周辺淡い) 粒条線と溝条線あり(類白色で長い粒条線と溝状あり)(表皮剥ぎやすい) 
         亀裂あり(ときに亀裂生じる)
         
  柄  ;3cmx15mm(4-9cmx10-15mm)太短い。やや随状(髄状) 白色,条線あり(白色,しわ条線に覆われる)

 ヒ ダ 離生。やや密(やや疎) 帯淡黄白色(白色) (幅8mm内外)(小ひだや叉状分岐稀) 

   肉   ;白色。断面の変色生無し。(傘部薄い)(FeSO4反応でピンク色→赤褐色)(無味無臭)

  胞子紋 ;(白色)

  その他  ;(ヒビワレシロハツに似るが,ヒビワレシロハツの傘表面色は白色で,中央は淡ベージュ色。本種ツギハギハツの傘表面色は象牙色で区別)
          それ以外では胞子による確認が必要))


  

  

  

  

  
                            ■2012年09月23日  撮影地  逢瀬公園
 
  

                ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system