□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                ツルタケ
                           テングタケ科  テングタケ属

 肉眼的形態(2012.07.17記述。2014.02.13追加記述)

 発生地;コナラ地上。(針葉樹,広葉樹林地上)

   傘  ;5p(5-7cm) (卵形→鐘形→饅頭形→平ら−皿状。)  (湿時粘性あり。)
        灰褐色。(灰色−灰褐色−暗褐色。周辺に放射状の溝線あり。(しばしば白色の膜片を付着) 

    柄  白色(白色−淡灰色) 下方にやや太まる。(逆こん棒形) 綿質の軟らかい鱗片に覆われる。(平滑−綿質の軟らかい鱗片) 
        つばを欠く。根元に白色膜質のさや状つぼあり。 中空。

  ヒ  ダ ;白色。離生。密。

    肉 ;薄く白色。中央傘下は傘と同色。脆い。

 下記画像(2014年07月22日 撮影地牡丹園)は,柄の部分がナイフで削ったようなササクレ状になっている。
 このようなことは変異の内なのか,疑問を持っている。ひょっとすると別種かも知れない。
 
                        ■2014年07月22日  撮影地  牡丹園
  
                        ■2014年07月22日  撮影地  牡丹園
  
                        ■2014年07月22日  撮影地  牡丹園
  
                        ■2014年07月22日  撮影地  牡丹園
  
                        ■2014年07月22日  撮影地  牡丹園
  
                        ■2014年07月22日  撮影地  牡丹園

  
                        ■2013年07月26日  撮影地  牡丹園
                 この子実体は柄がやけに太短く,条線に粒状らしきものが見られるのが気になる。
  
                        ■2013年07月26日  撮影地  牡丹園
                条線に粒状らしきものが見られるのが気になる。変異の範囲だろうか。
  
                        ■2013年07月26日  撮影地  牡丹園
                      上記3枚は同一日に撮影。つぼ形状がさや状に見えないのが気になる。

  
                          ■2013年07月08日 撮影地 牡丹園
  
                          ■2013年07月08日 撮影地 牡丹園
  
                          ■2013年07月08日 撮影地 牡丹園
  
                          ■2013年07月08日 撮影地 牡丹園

  
                          ■2013年07月04日 撮影地 牡丹園
          大きめのつぼの破片を残している。図鑑には「しばしば傘に白色の膜片(つぼの破片)を付着」との記述あり。
  
                          ■2013年07月04日 撮影地 牡丹園

  
                       ■2012年07月15日  撮影地  高篠山森林公園
  
                       ■2012年07月15日  撮影地  高篠山森林公園
  
                       ■2012年07月15日  撮影地  高篠山森林公園
  
                       ■2012年07月15日  撮影地  高篠山森林公園
  
                       ■2012年07月15日  撮影地  高篠山森林公園
  
                       ■2012年07月15日  撮影地  高篠山森林公園


                ■科別小画像一覧へ      □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system