□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                 ウスキチチタケ
                                 ベニタケ科 チチタケ属

 肉眼的形態(2015.02.09記述)

 発生地;広葉樹林内地上(広葉樹林内地上,しばしば湿地のヤナギ類,カバノキ類などの下)

   傘  ;6p前後(3.5-5cm) 中央窪む平ら(饅頭形→中央窪む平ら) 粘性あり(湿時粘液に覆われる)(縁部は最初やや内巻き,微毛あり)
         淡黄土色(淡黄色−淡黄土色) 傷つくと紫色のしみができる(図鑑同記述)
       
   柄    7cmx8mm(3-8cmx5-10mm) 帯黄色。平滑。傷つくと紫色のしみ。 中空。(以上図鑑同記述)

  ヒ  ダ  淡黄色(白色−帯淡黄白色) 直生−垂生(直生状に垂生) 密。傷ついた部分は紫色のしみ。(以上図鑑同記述)

   肉  ; 傘部は淡黄色(白色−帯淡黄白色)やや薄い(やや薄い) ゆるやかに紫色変(切断し空気に触れると即紫色変) 柄部も同様(図鑑同記述)

 乳  液 ;
 白色→紫色変(ゆるやかに紫変)(あとくちが苦い) 

 胞子紋  ;
(白色)
    
   (類似種にトビチャチチタケ,ウズハツがある。下記の特徴あり。)
        トビチャチチタケ;傘は帯褐色−灰褐色,帯紫褐色などでほとんど環紋はない。乳液はすみやかに紫変,味は温和→多少苦味−辛み感じる。
        ウズハツ;傘は帯紫褐色−帯黄土灰褐色などで,つねに同心環紋がある。乳液は紫変し,無味→辛み生じる)
        本種ウスキチチタケ;傘は淡黄土色,環紋なし。

   ■2014年09月02日   撮影地  那須甲子の子実体は,傘部の切断面が即紫色変とならいないので,別種の可能性あり。
  
                          ■2014年09月02日   撮影地  那須甲子
  
                          ■2014年09月02日   撮影地  那須甲子
  
                          ■2014年09月02日   撮影地  那須甲子
  
                          ■2014年09月02日   撮影地  那須甲子
  


               ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system