□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                ウツロイイグチ近縁
                               イグチ科 ウツロイイグチ属

 肉眼的形態(2011.09.19記述)

 発生地;コナラ類林地上(ブナ科,ときにマツ科樹下地上)

   傘  ;直径10cm前後(3-8。3-12cm。)ほぼ平(饅頭形→平ら。饅頭形→扁平→浅杯形。)湿時弱粘性。
        無毛平滑。(ときに不規則に浅くひび割れ,肉を露出)
        黄褐色(たばこ色−ココア色−暗褐色→褐色−黄褐色−やや黄土色。暗黄褐色−赤褐色−暗褐色。)

   柄  ;上下同径(ほぼ同幅。円柱形で下方に細まる。) やや微粉状(やや微粉状−ビロード状)平滑。頂部に網目(平滑化まれに頂部に網目)
        中実−髄状(中実→髄状) 
        表面は黄土褐色,基部は白色で全体に状紋あり(頂部と基部は白色,その他は暗褐色−褐色で白色状紋ある.。表面白色地に傘と同色の
        条線のまばらや密,全面濃色と変異幅大)(ときに局所的または頂部と 基部 以外に帯暗ワイン色)


 管 孔  ;柄の周囲で湾入−上生(上生−離生。柄の周囲で湾入。)(ウツロイイグチ属は常に幅狭い。孔長6-8mm)
        帯黄オリーブ色−淡黄褐色(淡橙−帯喝黄色→帯褐橙−黄褐色。白色→帯橙黄色。)
        孔口は小型。管孔と同色。傷つくと濃色(管孔より淡色→同色,傷つくとより濃色。孔口も白色→帯橙黄色。)

   肉  ;白色。表皮下は傘部分で帯淡黄色。虫食い痕は帯淡オリーブ色。空気に触れても変色しない。柄の部分では帯表面色。(軟質)

  胞子紋 ;(明褐色−黄褐色)

  図鑑の記述を黄土色に色分けしてみた。こうしてみると,このきのこはかなり変異幅が大きいと思う。ひょっとすると数種含まれているのだろうかと
  思ってしまうほどだ。
  この子実体が図鑑との相違で一番気になるのは,孔口の色だ。図鑑では「管孔と同色」となっている。ただ,「原色日本新菌類図鑑」では,「傷つくと
  より濃色。胞子紋は明褐色−黄褐色」
と記述されている。このことから,この子実体は成熟し孔口が変色した。あるいは胞子の色が反映されているの
  ではと考えた。
  そう思って管孔部分を拡大してみると,孔口全体が色取られているわけではなく,一部分が変色しているように見える。
  これらを考えて,ウツロイイグチで良いような気がしたが,余りにも変異が多く合致しない部分もあるので,ウツロイイグチ近縁とした。


  
                            ■2013年09月18日  撮影地  牡丹園
  
                            ■2013年09月18日  撮影地  牡丹園
 
                            ■2013年09月18日  撮影地  牡丹園
  
                            ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                            ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                            ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園
  
                            ■2013年07月16日  撮影地  牡丹園




                 ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system