□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

                ワサビタケ
                           ■キシメジ科 ワサビタケ属

 肉眼的形態(2010.11.24記述)

 発生地;広葉樹切株(種々の広葉樹,切株,枯れ枝など)

  傘  ;
径2cm前後(1-2cm)半円形−腎臓形(図鑑記述無し) (多数重なりあい発生) 表面は粉状−微毛状(微毛密生し表皮剥ぎやすい。図鑑記述無し)
      淡黄褐色(淡黄褐色−淡にっけい色) 革質(図鑑同記述) 縁部下方に巻く(強く巻く)(実質の菌糸はしばしばゼラチン化する)

  柄  ;柄は太短い。側着生(図鑑同記述) 褐黄色短毛密生(帯褐黄色)中実(図鑑同記述)

 ひ だ ;傘と同色(赤褐色。図鑑記述無し) 上生状(直生。図鑑記述無し) やや密(密) 幅狭い,互いに脈で連絡(図鑑同記述)(幅1mm内外)

  肉  ;(白色−帯喝白色)(かむと強い苦みあり) (肉の菌糸は降雨などによりゼラチン化する)

 胞子紋;

 その他;傘上の白いものは(肉の菌糸は降雨などによりゼラチン化し,乾燥すると硬くなり,この繰り返しにより白っぽい鱗片状をなしてかさの表面に散在しているかの
      ような外観を呈する)
ことによるものらしい。

  
 
  

  

  
                                   ■2014年12月10日  撮影地  白河市                  


           ■科別小画像一覧へ    □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system