□五十音別図鑑へ
■科別小画像一覧へ

              ワタカラカサタケ?
                                ■ハラタケ科 カラカサタケ属

 肉眼的形態(2014.03.22記述)

 発生地;広葉樹林内地上(林内地上。林内腐葉土上。))

   傘  ;4p前後(4-7cm) やや中丘円錐形(先の丸い円錐形→やや中丘の饅頭形→ほぼ平。球形→中丘扁平。)
        帯黄土色(帯黄色−帯黄土色−ニッケイ色で周辺淡色。茶褐色。)フェルト状→表皮細裂鱗片化(表皮は細かく割れ粒状鱗片と
        なって散在。縁部より細裂鱗片化し白色綿毛状地肌表出。)縁部に内被膜残片付着。
        
   柄  上下同径(上下同径−下方やや太い)白色膜質つばあり(つばより上部は白色絹状。淡褐色−暗褐色の条線密。)
         つばより下方は白色−帯褐色綿毛状ササクレにに覆われる(つばより下方は傘とほぼ同様で繊維状−綿くず状)
         つば下方の綿毛状ササクレの間隙に褐色条線見える。(中空)
                        
  ヒ  ダ ;帯黄白色(白色−帯黄色。白色。)(傷つくと赤褐色変)(離生)

   肉  (白色。傘部は白色で表皮下は表面色,柄部は黄褐色−暗褐色。)

 胞子紋 ;

        シロワタカラカサタケの可能性あり。

  
                            ■2013年09月12日 撮影地 羽鳥湖
  
                            ■2013年09月12日 撮影地 羽鳥湖
 

                ■科別小画像一覧へ       □五十音別図鑑へ

inserted by FC2 system